見直しダイエット、太る原因をしらみつぶし!

見直しダイエット、太る原因をしらみつぶし!

見直しダイエット、太る原因をしらみつぶし!

見直しダイエット、太る原因をしらみつぶします。何かを始めるのではなく、何かをやめることがダイエットに繋がっていきます。

 

ダイエットを成功させるためには、まず生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

 

習慣

 

睡眠不足が続くと、肌質が安定しないなど美容面でマイナスになるだけでなく、脂肪の燃焼率が低下してしまいます。私達が眠っている間には、成長ホルモンが分泌され、カロリー消費や脂肪燃焼が促進されているのです。睡眠中に消費されるカロリーは、実に300kcal程度とも言われていて、寝るだけダイエットを推奨する専門家もいます。

 

 

1日に7〜8時間を目安にしっかりと睡眠を取って、効率よく痩せられるようにして下さい。成長ホルモンが盛んに分泌されるのが、睡眠中の最初の3時間です。寝始めてから3時間、中途覚醒なく熟睡できるように、就寝前には安眠できる環境を整えましょう。お風呂にゆったり浸かって体の芯から温めてリラックスする方法や、ラヴェンダーやカモミールといった鎮静効果、入眠効果を持つアロマの精油をアロマランプに垂らす方法がおすすめです。生活習慣に関して、現代人の多くが悩まされているのが、運動不足です。仕事に家事に、と忙しい日々を送っていると、なかなか運動のためにまとまった時間を確保できないという人もいるのではないでしょうか。

 

 

ダイエットのためには、隙間時間を見つけて運動量を増やす工夫をすることが大切です。エレベーターやエスカレーターを使わずに階段で移動をする習慣を付けたり、自宅でできる腹筋やストレッチなどのエクササイズを取り入れたりすると良いでしょう。また、掃除や洗濯といった家事労働は、意外とカロリーを消費します。自宅にいる時にだらだらと過ごしてしまいがちだという場合には、こまめに掃除をするように心掛けるだけでも、運動量を増やすことは可能です。

 

 

食事に関しては、食事内容はもちろんですが、食事の時間帯にも気を配るようにして下さい。一日三食を同じぐらいの時間帯に規則正しく摂取する、夕食には消化に良い物を早めの時間帯に食べるようにする、といった工夫によって、健康的にダイエットをすることができます。

 

 

 

糖質制限をしていてもごはんは適宜食べて空腹を満たすべき

 

近年はダイエットの方法として糖質制限が人気となっていて、ごはんやパンなどの糖質を含む食物を摂取しないという人が多いです。確かにこの糖質制限はダイエットとしては有効ではありますが、空腹が気になって気づけばお菓子などをつまんでしまうという人に関しては、一定の時間帯にごはんを少し食べてしまう方がかえってダイエットに成功できることもあります。

 

 

お菓子はダイエット中でも気づけば食べてしまうとか、ストレス緩和のために食べるという人も多いですが、カロリーとしては高い傾向にあるうえに腹持ちもよくありません。なので糖質制限をしているけれども、お菓子を相変わらず食べていると結局はダイエットに失敗してしまうことも多いです。なのでお菓子を小腹がすいたときに食べるくらいなら、糖質であるごはんを摂取して空腹を満たし、その後は食事の時間帯まで食べ物を口にしない方がかえってダイエットに成功することもあります。

 

 

ただ小腹がすいた時に食べるのは、ごはんと決めておく必要があります。ここでパンや麺類を摂取してしまうとパン自体にはバターや牛乳や砂糖などが含まれている商品も多く、かえってカロリーを摂取してしまってダイエットに失敗してしまうことになります。また麺類にしてもラーメンやパスタでは?自体にはそれほどカロリーが高くなくても、調理をする過程で味付けしていくなどしてカロリーが増してしまう状態になることもあります。

 

 

なので糖質制限によるダイエットをしていても小腹がすいたときには、他に何も含んでいないごはんを摂取するのが無難です。また糖質制限ダイエットでは完全に糖質を制限してしまうと、食べるもの自体が制限されてしまったりして栄養失調になったりするなど、ダイエットをやむを得ず中断しなければならない事態に陥ることもあります。糖質制限ダイエットを行う際は、空腹時には必要に応じてごはんを摂取するなど適度に制限を緩めて行うことが重要です。

 

優光泉の定期購入で得られる3つのメリット


ホーム RSS購読 サイトマップ