野菜を先に食べる事により、太らない体に

野菜を先に食べる事により、太らない体に

野菜を先に食べる事により、太らない体に

ダイエットをするためには普段の食事にちょっとした工夫する事でもできます。

 

 

それは食事の際にカギになるGI値を意識する事です。ここではGI値を考慮したダイエットについて見ていく事にしましょう。・GI値を考えて食事をする GI値とは、食事をした後に血糖値が上がる速度を表したものになります。この数値が高いほど血糖値は急激に上昇し、低いほど血糖値がゆっくりと上がります。ですから、太らないための体つくりにはGI値が高い食品を控える事が重要になります。

 

 

適切なGI値の目安になるのは、60以下です。しかし、最低限次の事を知っておけば、いちいち食材一つ一つのGI値を調べる必要はないです。まず、肉類や魚介類、野菜類、乳製品はGI値60を超える事がありません。次に多くの炭水化物と砂糖はGI値60を超えてしまいます。ここで重要になる事は今までの食事よりも少しでもGI値を減らすようにする事です。

 

 

意外に気が付かないのは、加工食品や外食、ジュースや缶コーヒーなどの糖分です。このような見えない糖分には十分に注意しましょう。そうする事で自然と高GI値食品を欲しがらなくなります。

 

 

GI値が低い順から食事をすればダイエットに有効です。つまりは血糖値を緩やかに上げる料理から先に食べていくようにするという事です。

 

 

例えば最初に野菜を食べて、次にタンパク質、その後にごはん、ジャガイモなどの炭水化物や糖分を多く含む食材を食べます。お腹がすいている時に、ごはんやジャガイモなどのGI値が高い食べものを先に摂るようにすると、血糖値が急に上がります。そんな食材を先に食べるようにすると、脂肪を溜めこみます。これは太る食べ方です。ですから例えば豚の冷しゃぶを食べる時でも、ごはんよりも先に豚肉を食べるようにします。

 

 

また野菜を先に食べる方がいい理由には他にも、食物繊維が糖の吸収を緩やかにする働きもあるからです。野菜を先に食べる事により、後から糖質をたくさん含む食材を摂っても、血糖値が急に上がる事がないのです。ダイエットする時にはGI値を意識して食べるようにすると太らない体になれます。ぜひ、試してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ